読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本とテレビでダラダラした生活

気ままに記事を書いていきます。

連鎖する依頼_3

 曖昧に頷くと、女の子は顔をほころばせた。

「よかった」

 俺の手を取る。顔が少し熱くなる。

「全然知らないところに連れてこられて困ってたんだ」

「知らないところなの?」

「ここがどこだか知ってるの?」

「ここ、俺の家の近くだよ」

「ならちょっとだけ寄っていっていい? 落ち着けるとこにいたいんだけど」

 大胆な物言いに、少し口ごもる。でも、ちょっとドキドキもする。

「ダメ。時間が巻き戻るから」

 女の子は怪訝な顔をした。

「巻き戻るって……もう巻き戻ってるよね」

「でも、さらに巻き戻っちゃうんだ。俺の親に会ったら巻き戻ったし、知り合いには話しかけても巻き戻ったとにかく、話しかけるのはよくない」

「よくわかんないよ」女の子は首を横に振った。「とにかく、確かめに行こう」

 ここで話をするよりも、一回見せるほうが早い。家に向かって歩き出した。家の前まで案内する。試してみるように促した。俺は離れたところから見ることにした。女の子は困惑した顔をしながらも俺の家のインターホンを押す。親が出てきて女の子としゃべり始めた。でも、時間は巻き戻らない。少し話してから、俺のところに戻ってきた。

「巻き戻らないけど」

 女の子の声は少し冷たい。

「なんでだろう。そこの家も試してみて」

 俺はサチの家を指さした。そこで、レイが連れ去られたことを唐突に思い出した。

「レイがいるかどうか確かめて」

 つい、口調が荒くなる。

「誰? レイって…」

 女の子が自分の体を抱くようにした。

「いいから、早く」

 強い口調で促すと、女の子はしぶしぶといった様子でサチの家のインターホンを押した。俺はまた、遠くから見ていることにした。でも、女の子がしゃべる様子がない。しばらく同じ姿勢のままでいた後、俺のほうに近づいてきた。

「誰もいないけど」

 女の子がそう言うと、俺はサチの家に向かって歩き出した。

「ねえ、そこ、あなたの家じゃないんでしょ?」

 そう言いながらも、女の子は俺についてくる。玄関を開けて家に入ると、懐かしいにおいがした。しばらくサチの家には来ていない。すぐ目の前には廊下があって、奥のドアを開けるとリビングがある。リビングのドアを開けると、俺は口を手で押さえた。後ろから軽い足音が近づいてくる。そして、小さな悲鳴が上がる。どさっという音がした。女の子の震える息。それが不思議と、俺を落ち着かせた。

 俺がリビングで見たものは、血まみれで倒れているサチのお父さんとお母さんだった。