読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本とテレビでダラダラした生活

気ままに記事を書いていきます。

ホンマでっかTV

ホンマでっかTV 9/21(水) 21:00~22:48を見ました。

いろいろなテーマに沿って様々な分野の専門家が専門知識を教えてくれる番組です。今回はゲストの悩み相談をしていました。

一人目の相談者は吉田羊さんです。集中力が続かないみたいです。

集中力は二つあって、一つのことにまっすぐになって周りのことが見えなくなるっていうのと、全体を俯瞰できる集中力があるみたいです。
全体を俯瞰できる集中力がないので欲しいですね。

対策としては、
・握りこぶしを作ると集中できる
・長期的にはサッカー
・百会(ひゃくえ)というツボを押す。体の中心と耳の穴から真上に引っ張ってきた線が交差するところ、頭の上の少し凹んでいるところを押す

百会は天才バカボンのレレレのおじさんがやっているらしいです。あれに意味があるなんてちょっと感動しますね。
サッカーは今ワールドカップ予選中ですよね。熱いですね。初戦で敗退して、二戦目は勝ちましたけど、初戦で負けたチームは決勝に行けないっていうジンクスがあるみたいです。日本代表が決勝で戦ってるところみたいですよね。


二人目は 柔道 松本薫さんです。悔しい気持ちを早く忘れたいみたいです。

失敗を見直すことで悔しさが鎮静化するらしいです。
思い返して、感じたことをメモしていくと、反省点が見えてきて、やる気もアップするみたいです。
他のことをやって忘れられるのは一時的なことなんですって。

長い期間悩んでいるところを見せると、恋愛感情が冷めやすいらしいです。男はメンタルが弱いからって言ってましたけどMECEじゃないですよね。うんざりしてくるからってことですかね。


三人目は競泳の瀬戸大也さんです。色恋でパフォーマンスが落ちるのかっていうのを聞きたいみたいです。

動機には二つあって
外発的動機付け(金などの報酬)と、
内発的動機付け(楽しみを見つける)
の二つがあるそうです。

外発的動機付けの場合、頑張っているときに与えてしまうと逆にやる気がなくなってしまうそうです。過報酬もよくないみたいですね。給料が高いからといってその仕事に満足しないのと一緒ですよね。
でも男性は外発的動機付けで成功する可能性もあるみたいです。

単純・明確・確実な欲望を持つとパフォーマンスが上がるとも言っていました。これを考えて目標を定めれば、自分の最高のパフォーマンスを発揮できそうですよね。


四人目は新体操の畠山愛理さんです。引退した後も体型をキープしたいとのことです。

脳は食事量を覚えていて、食事量は変わらないのに、運動量はがくっと減るので体型をキープするのは難しいみたいですね。

対策としては、
・脳をだます。肉を食べていることを想像すると満足して摂取量は減る。
・アラサーだから、などの口癖は言い訳になるから言わない
というものがあるみたいです。

あと、太いからといって隠すと肉が付きやすくなって、どんどん出せなくなるみたいです。露出は控えないほうがいいみたいですね。

結婚後、体系維持をしていると浮気されやすいみたいです。理由としては、食事制限を夫にも強要して、夫が窮屈に感じるから、だそうです。