読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本とテレビでダラダラした生活

気ままに記事を書いていきます。

連鎖する依頼_1

「あなたってとっても流行に敏感なのね」

 とっても冷たい声が返ってきた。サチは机の上にあるペンや教科書をカバンの中にしまっている。目を合わせようとはしてくれない。

「で、その宇宙人がなにしたの」

「お、興味持った」

 にやにやしながら言った。サチは一瞥もしないでカバンを手に持ち、歩き出した。俺も後に続く。教室から出たところで追いついた。でも、横には並ばずにそのまま後ろをついていく。サチが歩くたびに形のいい尻が揺れる。見とれていると、尻の動きが止まった。顔を上げる。

「ごめんね」

 サチの言葉は、心にすとんと落ちてきた。「えっ」と言おうとしたとき、目の前に人の形をした光が現れた。サチは前を向いていて、その光に気づいていない。光が強くなって、俺を飲み込んだ。光が消えると、視界が一転した。

 そこは俺のよく知っている場所だった。俺の家の目の前だ。辺りを見まわす。俺がなんでここにいるのかわからない。さっきまでサチと一緒にいたのに。

 とりあえず家に入ろう。そう思って歩き出そうとすると、おばさんがこっちに向かって歩いてくるのが見えた。携帯をいじりながら歩いていて、前を見ていない。フィーチャーフォンが珍しくて、つい見てしまう。少なくとも、友達で使っている人はいない。でも、電車でおじさんが使っているのをたまに見る。視線に気づかれないようにおばさんから目をそらす。

 俺の家の玄関に目を向けると、視界の隅に黒い服が映った。そちらを見ると、学生がいた。ルーズソックスを穿いたミニスカートの女の子。その手に持っているのは、フィーチャーフォンだった。おばさんよりも珍しくて、二度見してしまう。でも、気づかれないように無理やり目をそらした。こういう子に見ていることを気づかれると、面倒くさい。

 ふと思うことがあって、歩き出した。おばさんの後を追う形になる。少し歩いていると、またフィーチャーフォンを持っている人を見かけた。大通りに出ると、フィーチャーフォンを持っている人ばかりだった。スラックスのポケットからスマホを取り出してみる。スマホにちらちらと視線が集まるのがわかった。その視線を無視しながら、スマホを操作する。スマホに電波は入っていなかった。よくわからない。スマホをポケットにしまう。

 とにかく、家に戻ることにした。パソコンで調べればわからないことも解決できるかもしれない。家の前に着くと、左隣の家の玄関が開いた。男が三人。二人が一人の男を間に挟んで体を支えながら歩いている。真ん中の男は目隠しをされている。しかも、真ん中の男は俺のよく知っている男だった。サチのお兄さんだった。

「レイ?」

 話しかけた瞬間、世界が一変した。そう思ったけど、そうでもなかった。気づかないうちに俺の家の玄関を見ていただけだ。左隣の家の玄関はしまっていて、さっきの男たちはいない。目を俺の家の玄関に戻そうとしたとき、視界の隅に見覚えのあるシルエットが映った。目を向ける。

 そのシルエットは、フィーチャーフォンを持っているおばさんだった。

 

 

はじめまして

はじめまして、鶴ヶ島といいます。

 気ままに書いていきたいと思います。日常生活でふと気になったこと、皆さんに伝えたいこと。あとは、これから小説を書こうと思っているので、それもここに載せたいと思います。

 本が好きで、小説を毎日読んでいます。小説以外にも、経済の本や化学の本など、偏りなく乱読しているつもりなので、そこで得た知識をここで皆さんにお伝えできたらと思っています。

 また、B to Bの仕事をしているので、お得意先や自分の会社など、どこにも損を出さないようなレベルでなら書くこともあるかもしれません。

 このブログを読んで少しでも面白いと思ってくれたらうれしいです。

 よろしくお願いします。